il paese - provincia di bologna +

paesi.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 24日 ( 1 )


2009年 04月 24日

Palazzo Comunale (市庁舎)

f0199571_812198.jpg
マッジョーレ広場の西側にボローニャ市庁舎が建っている。私が知る限りイタリアのどの町も、町の大小に拘わらず、市庁舎は大抵一等地にあるものだ。ボローニャ市庁舎もまた例に漏れずに、と言うことになる。この大きな建物は実は複数の建物によって構成されていて、そのうちのひとつ、向かって左側の部分は13世紀終わりに市が買い入れたものだ。元を辿るとこの建物はボローニャ大学で法学の教鞭を振るっていたAccurusio (アックルーシオ)氏の持ち家だそうで、そう聞いて改めて外から眺めてみると個人の持ち家にしてはとんでもなく大きく、Accurusio家が如何に裕福であったかを簡単に想像することができる。この建物はボローニャ市に買い取られた当時、小麦の公共取引所なるものとして使われていたが、後には行政官庁に携わる長老たちの住いとして利用されたそうだ。14世紀前半には建築家Fioravantiによって正面中央の門が、そして奥には小さな中庭が作られた。
f0199571_8141284.jpg
この中庭と言うのが実にさっぱりしているのだが個人的に大変気に入っていて、町歩きに疲れたときなどにふらりと立ち寄っては大抵の場合先客のいるベンチがたまたま空いていると幸運と言わんばかりに腰を下ろす。この中に入ってくる人は案外少なくて居心地が良い。結婚の儀式が上の階であるときはこの小さな中庭が新郎新婦を祝う人々で一杯になってしまう。しかし喜びを分かち合う人々を庭の端っこで眺めるのもたまには良いものだ。 祝う人々の手には米粒が握られている。階上から降りて来る幸せに満ちた新郎新婦をめがけて米を投げるのだ。私もそうやって友人達を祝ったことがある。もう昔のことになってしまったけれど。結婚式の日以外は町のど真ん中にありながら建物の中も中庭も驚くほどひっそりしているボローニャの市庁舎は足を踏み入れるのを一瞬躊躇しがちだが、訪れる人たちを決して拒むことは無いので一度は見て頂きたい。歴史ある建物なのに仰々しさも偉ぶった様子も無く、素朴。それはまるでボローニャという町とそっくりなのだから。
[PR]

by paesi | 2009-04-24 23:55 | ボローニャ旧市街