il paese - provincia di bologna +

paesi.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 07日 ( 1 )


2009年 04月 07日

strada maggiore, 43

f0199571_6395833.jpg
ボローニャの二本の塔の右側を走る道をstrada maggiore と言う。この道は旧エミリア街道で、この道を真っ直ぐ行くとリミニを経由してローマへと続く道であった。ボローニャ旧市街のどの通りを歩いても古い興味深い建物を見ることが出来るけど、この通りにはとりわけそうした建物が並んでいる。多分、ローマへと続く道だったからなのだろう、と思う。塔を背にして歩き出す。道の右側には延々とポルティコ(回廊)が続いている。その長さは900mとも言われていて、建物ごとに色や様式が違うポルティコを鑑賞しながら歩くのはとても楽しい。バスで一気に通過してしまうのは惜しすぎる。ゆっくり時間を掛けて時々立ち止まりながら歩いて貰いたい。この通りの丁度真ん中辺り、strada maggiore, 43 にSanta Maria dei Servi と言う名の教会がある。なかなか古い教会で調べたところによると1345年に建てられたそうだ。この教会には何故か未だに足を踏み入れたことがない。しかしまるで吸い寄せられるかのようにいつも自然と教会の前に辿り着く。教会の外に施されたこの美しいポルティコが好きなのだ。教会が出来た後に作られたこれらはやはり古く、1400年前後のものである。その古くて存在感のある壁にフレスコ画が施されたのは更に200年ほど後のことだそうだけど、当然のことながら年月を通過しているうちに朽ちてしまった。私がボローニャに住み始めた頃、知人がこの先で自転車屋を営んでいることもあってよくこの前を歩いた。フレスコ画は殆ど消えていて、と言うよりは壁自体がくすんでいて絵が潜んでいることすら気がつかなかった。もっともその頃の私はそういうことに気がつく余裕がなかったのかもしれなかった。知人も友人も両手に数えるほどしかいなかったから、一分でも早く自転車屋へ辿り着きたい一心だったのかもしれなかった。自転車屋へ行って何をするでもない、何を話すでもなかったが其処へいくと安心した。だからなのか、この自転車屋には用もないのに出入りする人達が沢山居た。さて、その朽ちた壁だが、近年になって修復作業が少しづつ進んでいるようだ。市民はもう見慣れてしまったのだろうか、足を止めて鑑賞する人はあまりいない。不思議た。私など何度見ても飽きることなく、また目が慣れてしまうこともない。ここを歩く度に歩いては立ち止まり、の繰り返しだ。私が市民でないからなのだろうか。兎に角、私はこの壁から沢山のことを感じるのだ。時には喜びを与えられ、時には深く考えさせられる。strada maggiore, 43 はそんな場所である。
[PR]

by paesi | 2009-04-07 23:57 | ボローニャ旧市街