2009年 12月 30日

運河

f0199571_3554019.jpg
イタリアで運河と言えばヴェネツィアだけど、探してみれば色んな町に存在する。例えばミラノ、例えばフェッラーラ。ボローニャにだって運河は存在するのだ。イタリアの中程に位置するボローニャは中世の頃から商業の町として繁栄していたそうだ。交通手段は船が使われ、船は運河を通ってアドリア海へと出ることが出来たそうだ。当時ボローニャには裕福な繊維業を営む一家がお屋敷を構えていたとのことだけど、繊維、特に絹の商いは盛んだったらしく、ボローニャからアドリア海の港へ、そして国外へと輸出されていったと言う。そのボローニャの運河も殆どが地下と化した今は、ごく僅かしか見ることが出来ない。旧市街で言えばVia A.Righi の南、Via Oberdan とVia Piella の間がそれで、ボローニャに運河があるとは知らずに訪れる人達に一瞬の驚きを与え、その時代遅れな風景がほっとさせてくれる。大体ボローニャと言う町は古い町で、古いものを頑固に守り続ける主義の町だから、何処を眺めても古いものばかりなのだ。でも、この風景は古いというよりも古きよき時代の懐かしさみたいなものがあって、決して美しい眺めでないのに見る者の目を奪い、何となく写真に収めておきたい気分にさせる。今、この運河は交通手段として利用されることは無く、もっぱら用水路として使われている。昔のような活気はないにしても、この眺めをいつまで戻っておきたいと思うのは単なるボローニャ贔屓だろうか。
[PR]

by paesi | 2009-12-30 19:55 | ボローニャ旧市街


     Dozza (ドッツァ) >>