il paese - provincia di bologna +

paesi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 03日

chiesa di san petronio (サン・ぺトロニオ教会)

f0199571_8134410.jpg
piazza maggioreの南側にバジリカ派サンペトロニオ教会がある。サン・ペトロニオと言うのはボローニャの守護聖人で、彼はこの教会に葬られている。14世紀後半に自治体と自由のシンボルとして世界で一番大きい教会になるように設計されたが、当時の権力者であるローマ法王がバチカンのサン・ピエトロ寺院よりも大きい教会を作ることを許さず、上から見ると丁度十字架のように見えるべき建物の左右の翼の建築を取り止めせざるをえなかった、と言い伝えられている。イタリア何処へ行っても自分の住む町の自慢する人が沢山居るから、これもそんなボローニャ人の作り話だと思ったが、調べてみたらどうやら本当の話らしい。教会の中に入ると天井の高さに圧倒される。高さは45mだ。教会とは皆そんな風に天井が高いものだが、この教会は外の光を上手く取り入れていて内部が明るいために尚更天井が高く感じる。
f0199571_817401.jpg
天井の中ほどに光が射しこむように丸い穴が設けられているのが見える。そして大理石の床を見渡すと向こうのほうに長い直線が描かれている。これは1655年に天文学者Gian Domenico Cassiniが作った日時計である。雲のない日には正午になるとこの穴から日が差し込んで床に記された正午の場所を照らす仕組みだ。初めて教会に入った時、私は天井の穴を探していた。ないない、と言いながらしきりに上を見上げている私を見かねたらしく、後ろから肩を叩く人が居た。振り向くと年配の男性が数人居た。ほら、あそこ。そう言って上のほうを指差して教えてくれた。本当だ、あんなところに。彼らはジェノヴァに住む元国鉄職員だそうで、年金生活の今は何かにつけて昔の仲間と一緒にイタリア中を旅するのだそうだ。ジェノヴァ人の彼らはボローニャを良い町だと褒め、ボローニャに暮らす私を酷く羨ましがった。勿論あの頃の私はといえば、ボローニャの良さなどちっとも分かっていなかったので、ふん、そんなものかしらね、などと言いながら元国鉄職員たちと別れた。250年以上かけて建設工事したが途中で資金が尽きたのか、それとも何か他の理由でか、サン・ペトロニオ教会は未だに未完成である。下半分の大理石に覆われた完成部分、そしてその上部には煉瓦がむき出しになっていて遠くから見ると黒ずんで見える未完の部分。言われなければ気がつくこともあまりない。これがサン・ペトロニオ教会の姿なのだと思えるものだ。内部も興味深いが教会の外を一周してみるのもよい。色んな表情があるのだから。ミラノの細工の美しい大聖堂やバチカンのサン・ピエトロ寺院を横に並べて比べたら恐らく地味で質素に見えるに違いないボローニャのこの教会を、それがボローニャらしいと思っているボローニャ人が沢山居るってことも記しておこう。
[PR]

by paesi | 2009-04-03 23:45 | ボローニャ旧市街


<< Medicina (メディチー...      piazza maggiore... >>